2011年04月06日

五十日の為替

五十日(5日、10日、15日、20日、25日、30日の、5で割り切れる日)は、本邦実需筋の海外送金に当たることが多い。

海外送金は送金日の仲値を使って決済されることが多く、当日の仲値決定時間(9時55分)まではドル円でドルが上昇することが多い。

その理由は、銀行が実需筋にドルを売るためのカバーディールで仲値時間までドルを買い上げ、高くなった仲値でドルを売って利ざやを稼いでいるから。

と言う事みたいですね。

五十日の朝はチャートをチェックしなきゃ!!ファイトォ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*!!!☆
posted by るんちゃん at 14:51| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。